麻酔科・ペインクリニック|痛みの専門的・総合的な治療なら石田ペインクリニック
名古屋市瑞穂区瑞穂通3-14 ST瑞穂ビル3F  予約TEL 052-851-6007
HOME 院長紹介 対象となる症状 頭・首・肩・腕 帯状疱疹 腰部脊柱管狭窄症・腰椎疾患 その他 治療法 症例 サイトマップ
対象となる症状|頭・首・肩・腕

慢性頭痛

腫瘍、くも膜下出血、髄膜炎などの原因疾患がない慢性頭痛に対しペインクリニック治療を行います。
日本人の3〜4人に1人(約3000万人)が「頭痛持ち」です

緊張性頭痛

頭痛もちの73%が緊張性頭痛です。不自然な姿勢(パソコン業務)、抑うつ、不安などからの精神的ストレスなどから生じます。
頸部、肩の筋力の持続的収縮が原因となり、頭にハチマキ状の締め付けられるような圧迫感を呈します。
頭痛に肩こり、めまいを伴う場合があります。
漫然とした鎮痛薬の乱用は薬剤によりあらたな頭痛を引き起こすこともあります。
治療は筋肉の持続的緊張には交感神経の興奮が関与しているので、星状神経節ブロックを施行します。
星状神経節ブロックを2ヶ月程度10回程度施行すると症状が緩和する場合が多いです。その後、月に1〜2回程度の頻度で維持することで頭痛が抑えられることが多いです。薬物療法にて十分頭痛が治療できていない方はご相談ください。

片頭痛

頭痛もちの26%が片頭痛です。女性に多く(男性の4倍)、発症時には日常生活ができなくなることが多く、仕事や家事の継続が困難になる場合は深刻な問題となります。
こめかみから痛みが頭部の片側に広がります。脈打つような痛みであり、吐き気をしばしば伴います。発作痛の直前に目がチカチカすることがあります。労作で増悪し4時間から3日間持続します。
トリプタン製剤と言う薬物が有効で発作時に使用します。
ただしトリプタン製剤を10回/月以上使用する場合、薬物によるあらたな頭痛を合併する可能性があります。
神経ブロックとして星状神経節ブロックを施行いたします。20回程度施行すると少しずつ、片頭痛の頻度・程度が改善します。その後 月に1〜2回程度の頻度で維持することで、症状の安定が期待できます。
頭痛薬が無効だったり、副作用のため内服できない方は一度ご考慮ください。

群発頭痛

頭痛もちの0.03%が群発頭痛です。男性に多く、夜間決まった時間に目の奥がきりきりえぐられるような激痛が、1~3時間持続します。涙、汗、鼻閉などの自律神経症状を伴う場合が多いです。
連日おこるが、数週間から数カ月で自然におさまり無症状の期間が持続し、再び発作期に入ります。
治療、予防薬としてワソラン(頻脈性不整脈の治療薬)と言う薬が有効です。
発作にはトリプタン製剤、酸素吸入が有効。
神経ブロックとして星状神経節ブロック、耳介側頭神経ブロック、第2頚神経脊髄神経節ブロック、三叉神経第1枝ブロック、後頭神経ブロックを考慮致します。

首、肩、腕の痛み

頸椎症

頸椎の異常により頸部痛、腕の痛み、しびれ、肩、肩甲骨の間に痛みが生じます。
星状神経節ブロック、頸椎椎間関節ブロック、頸部神経根ブロックを施行します。

胸郭出口症候群

腕の痛み、しびれ、だるさ、冷感を生じる疾患です。腕を上に持ち上げるときに血管、神経が鎖骨、肋骨、筋肉に挟まれて生じます。
20代、30代の女性に多く発生します。
星状神経節ブロック腕神経叢ブロックを行います。

頸椎椎間板ヘルニア

頸椎椎間板が慢性的な圧迫により脊髄、脊髄神経の方へとびだし、頸部、腕に激痛が生じます。40~50代男性に多く発症します。
軽症であれば、鎮痛薬、安静で治療します。
それで症状がコントロールされなければ、星状神経節ブロックを施行します。また腕の痛みが取れない場合、頸部硬膜外ブロック頸部神経根ブロックを施行します。
頚髄症状が生じたり、神経症状が進行する場合は手術を考慮することとなります。

むち打ち

追突事故により頸部の軟部組織(筋肉、じん帯)がダメージをうけ、頸部痛、腕の痛み、しびれ、場合によりめまい、耳鳴りが生じる場合があります。
事故後4週間以内は安静にて対処します。鎮痛薬と安静で症状が改善する場合が多いです。
4週間の安静にても症状が消失しない場合があります。
被害者となった精神的ストレスが疼痛を増強させると言われています。
神経ブロックとして星状神経節ブロックを考慮します。
また、頸椎椎間関節(頸椎の背部を抑えると痛みが生じる。)に痛みを生じる場合は頸椎椎間関節ブロック、高周波熱凝固治療が痛みを軽減させます。

肩関節周囲炎

肩関節周囲炎は中年以降に発症する肩の痛みと運動制限です。
様々な原因で起こります。
急性期の疼痛が激しいときは関節内注射と安静が中心となります。
急性期を過ぎた後は肩を動かすことが治療の主体です。
自然に改善する場合もあります。
運動療法が痛みで十分行えない場合に肩甲上神経ブロック、肩関節内注射を考慮します。