麻酔科・ペインクリニック|痛みの専門的・総合的な治療なら石田ペインクリニック
名古屋市瑞穂区瑞穂通3-14 ST瑞穂ビル3F  予約TEL 052-851-6007
HOME 院長紹介 対象となる症状 頭・首・肩・腕 帯状疱疹 腰部脊柱管狭窄症・腰椎疾患 その他 治療法 症例 サイトマップ
対象となる症状|腰部脊柱管狭窄症・腰椎疾患

腰下肢痛

日本人の4人に一人が腰痛持ちと言われています。様々な原因があります

ぎっくり腰

突然腰痛が発症し起き上がれなくなります。
原因としては、腰椎椎間関節性腰痛と筋筋膜性腰痛などがあります。
腰椎椎間関節性腰痛とはいわゆる腰の関節に捻挫が起こることです。
筋筋膜性腰痛とは脊椎を周りから支える傍脊柱起立筋と言う筋肉の持続的収縮により痛みが発生します。
鎮痛薬と安静(3日以内)で治療。痛くても4日以上は臥床を持続しないようにします。
疼痛のコントロールが不良な場合、椎間関節性腰痛には腰椎椎間関節ブロック、筋筋膜性腰痛にはトリガーポイントブロックが適応となります。

腰椎ヘルニア

腰椎と腰椎のあいだにクッションとなる椎間板と言う軟骨があります。体重による圧迫により椎間板が後方、側方にとびだします。とびだした椎間板に炎症がともない脊髄神経を刺激して、腰と下肢に痛みを引き起こします。
多くの場合、飛び出た椎間板は時間とともに小さくなることが分かっています。
治療は 鎮痛薬、安静(3日以内)、神経ブロック、手術があります。

腰部脊柱管狭窄症

15分くらい歩行すると、下肢に痛みが生じ立ち止まってしまう。5分くらい腰かけていると症状が消える。と言う間欠性跛行の症状が特徴です。他に腰痛、下肢痛(坐骨神経痛)が症状となります。
加齢による腰椎の変性により椎間板、腰椎椎間関節、靭帯が肥厚変性し脊髄や脊髄神経を圧迫して神経に虚血が起こりやすい状態となり歩行で、しびれ、痛みを引き起こします。
他に腰椎すべりによる場合もあります。
治療は薬物(鎮痛薬、血管拡張薬など)、神経ブロック、運動療法、手術があります。
当院では 硬膜外ブロック、神経根ブロックを施行いたします。

梨状筋症候群

坐骨神経痛を引き起こす疾患のうち、腰椎に原因がない場合に疑わなければいけません。
骨盤と大腿骨をつなぐ梨状筋と言う筋肉のなかを坐骨神経が通り、圧迫を受けて坐骨神経痛が発症する場合があります。梨状筋への神経ブロックで症状が緩和されます。

変形性膝関節症

加齢による膝関節の変性により、下肢がO脚になり、まっすぐに伸びにくくなる。歩き出し時に膝が痛い。膝に水がたまる。膝の内側に押すと痛い圧痛点がある。などが特徴です。
膝、股関節周囲の筋力を強化し姿勢を安定させることが保存療法の基本です。
またO脚の症例では足底挿板の処方により、足の歩行時の垂直化をはかります。
他に、関節内ヒアルロン酸注入により痛みを軽減します。